[無茶庵のエネルギ((原子力ーと自然)環境学習塾」

アクセスカウンタ

zoom RSS 無茶庵の選んだ今年の重大ニュース

<<   作成日時 : 2007/12/28 23:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年もついにあと3日でお終いだ。ほんとに月日の経つのは早いものだ。
恒例の重大ニュースを選んだ。月並みかも知れないが今年の無茶庵は日本の原子力再興のに向けて天が与えた試練の年だったような気がする。来年はこの試練を乗り越えて日本も世界に負けない原子力ルネサンスの花が咲くことを期待したい。


無茶庵の選んだ今年の重大ニュース
                                  平成19年12月28日 無茶庵
1.中越沖地震柏崎刈羽原子力発電所を襲う(7月16日)
  M6.7の想定以上の規模の地震に対して原子炉は(自動停止、冷却、閉じ込め)の機能は完璧。早期立ち上げが課題。
2.電力の総懺悔(年初から4月上旬)
  電力の体質が変わるか。信頼回復なるか。
3.浜岡訴訟で電力が完璧勝訴(11月)
 1,2号機も勝訴となり勝ち過ぎの感あり。
4.六ヶ所再処理施設ホット試験開始(3月末)
  その後切断機のトラブルで来年2月の総合開始が延期される恐れあり。
5.猛暑(8月から9月始め)
  ゴア,IPCCのノーベル賞受賞もあり地球温暖化問題が更に過熱。
  原子力には順風が強くなってきた。
6.石油高騰続き(最高98ドル/バレル)物価高
  今年のエネルギー白書は石油価格高騰の影響がテーマで「原油高と日本経済」
7.東芝IEC拡張(来年3月完成予定)
  鉄骨5階建免震構造の最新鋭のエンジニアリング設備を備える。
  IECは3000人規模になる。
8.東芝米国のABWR実質受注。中国でWHが4基受注
  日立GEと競争の上東芝が獲得した模様。今後プロジェクトの遂行が課題。
  中国浙江省 三門原子力発電所 1号機および2号機および
  山東省 海陽原子力発電所 1号機および2号機をWHが受注。
  いずれも110万Kw級「AP1000」で2013年から15年にかけて運開予定。技術移転が   課題
9.東芝リチュウームイオン電池に参入(12月)
  東芝電池長野事業所に工場増設に200億円の投資。電池の価格低減と技術進歩に期   待。自動車の電化加速か。良くやってくれた。
10.東芝カザフスタン共和国のウラン鉱山プロジェクトに参画(8月)
  ウラン鉱山開発会社キズルクム社とバイケン-U社の権益の一部を有する持株会社の株   式の22.5%を取得するとともに、最大600トン(MTU)/年の引き取り権を取得する。原子  力の上流に参画するの日本の電機メーカーとしては初めて。国策への協力で今後の受注  拡大につながるか。
番外・東芝プラントシステム社長に石井哲夫君就任。(6月)
     以上

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
無茶庵の選んだ今年の重大ニュース [無茶庵のエネルギ((原子力ーと自然)環境学習塾」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる