[無茶庵のエネルギ((原子力ーと自然)環境学習塾」

アクセスカウンタ

zoom RSS 生協の宅配「パルシステム」にみる反原発について

<<   作成日時 : 2008/05/17 11:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

生協パルシステムのトップページにいみじくも書いてるように、エネルギー問題はそれぞれの立場でさまざまの意見があるので、生協の意見に対して文句を言うことも無いが、敢えて、無茶庵なりに異見を述べる。これは自己の勉強の為でもあるが、いろいろん考えの一つとして言いたいのである。
「エネルギーや地球温暖化防止の問題を踏まえ、六ヶ所再処工場の本格稼働反対と原発に対するパルシステムの基本的な見解に」対しての異論
1.エネルギー問題について。
原発を考える上で前提となるエネルギーとしての電力問題について以下のように考えます。

「電力は、現代社会を維持、発展させていく上で必要不可欠であり、合理的なエネルギー源であると考えています。しかし、その利用については無駄のない、効率的な使用を前提としなければなりません。
電力を生み出すには様々な技術がありますが、環境に負荷のかからない、そして安全な方法を選択していことが重要」

異論
電力はエネルギー源ではなく、エネルギーキャリアあるいはエネルギーとでも言うべきだが、その他は全く同感だます。

「現在、化石燃料使用による温暖化ガスの多量の排出、その結果としての地球の温暖化が危惧されています。だからといって「化石燃料からの脱皮」=「原発への依存」となることは、原発の安全性への不安から本質的な解決につながりません。放射線汚染リスクというもっと深刻な問題を抱え込むことになり、原発はCO2排出削減問題とは、別個に考えるべきだと考えます。」
異論
環境に負荷のかからない、そして安全な方法を選択していくことが大切であるが、脱化石エネルギーが即原発ではない。
省エネ、再生可能エネなども活用すべきであることは当然であるがそれだけで今の化石エネの代替えは難しいいという実態を考える必要がある。また、安全に不安のない技術や環境に負荷を与えるリスクの無い技術など在り得ないのであり、なぜ原発を別個に考えなければならないのか。

「世界の流れは、膨大なコストがかかる原発よりも、地域発電である風力や太陽光等を利用した自然エネルギーの活用、また、バイオマス等再生可能エネルギーを利用した発電に動いています。」
異論
ここは立場よって見解が違うところであるが、世界は自然エネの開発も進めているが、無茶庵は原発の優位性に着目し再復活の動きの法が強いと見ている。むしろ脱原原発を掲げるドイツが孤立している。そのドイツも日本より多い約40%の電力を原子力で賄っている現実である。

日本のエネルギー自給率は原子力を含めて18%であり、先進国では最低水準となっています。ウランを含め、エネルギー資源を殆ど外国に頼っていることや、ましてやコストの先が見えない「原発」に、膨大なコストをかけるよりも、自然エネルギー、再生可能エネルギーの活用に比重を上げ、力を注いでいくべきだと考えます。」
異論
言い分はは極めて常識的だが、原発がエネ自給率を下げていたり、コストが見えてなくて、自然エネや再生可能エネがコストが安いように言って脱原発を論じているのは自己矛盾していると思う。ウランは確かに輸入だがエネルギー効率から家その量は少なくかつさしょいしてリユースすれば国産と同じであり、むしろそのために再処理路線を歩んでいるのである。また先が見えない膨大なコストと言っているが、先は見えているし、コストははっきりしており、各種発電の中でも最も安いという事実に触れていないし、他のエネルギーとのコストとの比較もない。感覚的に高いと思わせるやり方である。
無茶庵の試算では、最も有望な太陽光ですら現状ではKW当たり、50万円を下らず、税金による補填で採用を促している。(原発は10円以下)

「これだけ科学の発達した現代です。目的意識を持って取り組むことにより、先が切り開かれると考えます。
私たちは生協事業や私たちのくらしにおいて、省エネの取り組みをさらに進めていきます。そして、日本の社会におけるエネルギー浪費の改善に向けて努力していきます。 」

異論
そしてこの最後のフレーズは、全く同感でまた美しい表現となっている。
美しい自然エネや省エネで持続的成長が出来るならば、だれもが出来る事なら原発に頼らない社会が良いと考えるでしょう。それが出来ないから、それを可能にするための有望な選択肢としてに、原子力をできるだけ安全にかつ出来るだけ安く活用することに努力をすべきであると云わないのか。
美しい表現を借りても、その言葉とは無関係に「脱原発アリキ」である。
この基本理念は脱原発を除け極めて常識的な文言であり、それとなく引きつけられるところがある。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
生協の宅配「パルシステム」にみる反原発について [無茶庵のエネルギ((原子力ーと自然)環境学習塾」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる