[無茶庵のエネルギ((原子力ーと自然)環境学習塾」

アクセスカウンタ

zoom RSS 福島原発の教訓 ついて

<<   作成日時 : 2011/06/20 11:45   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

福嶋第一原発の事象は未だに問題を抱えており、決して安全であると云える状態ではないが、事態の変化の速度が遅くなり監視と対応に落ち着きが出てきた。そこで、記憶が薄れない内に、この災害で得られた貴重な教訓を生かすための検証を始める。
今回の事象に対する反省は、次の様に色々な角度から見てやるべきであるが、無茶庵としてはまず「なぜ水素爆爆発に至ったか」というテーマで事象を検証してみる。

さしもの原発災害もやっとお知t機が出てきた。そこで音階の災害で得られた教訓ンにいて意見をする。
その前に私の原子力に対数想いをおべ」よう¥。
今頃になって、mだ原子良くをやるなどとんでもないといわれる
福島の原発災害以来、私は肩身のせまい思いをしています。
しかし、日本のエネルギーの安定確保のためには原子力の活用無くしては出来ないとの思いは変わりません。
この度の事故で得られた貴重な教訓を、キチンと反省してより安全で使いやすい原子力を開発をして行かなければならないと思います。
.少しこの思いを補足します。
自然エネルギーは出来るだけ、伸びて欲しいと思います。原子力はそれを妨害することはしてはいけないと思います。
自然エネルギーは綺麗で人類にとっては昔から付き合ってきた物で安心できるエネルギーです。またその原理も解り易いので一般受けする事間違いありません。しかし、自然エネルギーはそう簡単には伸びないのではと懸念しまず。
ドイツの100%自然エネルギー化するとの事ですが、かの国には石炭が豊富にありますので最後は石炭の活用でつじつまを合わせれると推察します。現状電力は50%が石炭火力で原子力は25%自然エネルギーは20%で残りの5%はフランスの原子力とノルウエ―の水力等からの買電との事。そして、電気料金は先進国で一番高いとの事です。
これを風力と太陽光発電で代替出来るとは信じられません。何れにしろ、今後2〜3年はその成り行きに注目しまします。

一方、原子力は危険であり使用済み燃料のしまつも未解決で、ひとたび事故が有れば放射能をばら撒きする等人間が手を出す事は悪魔に手を貸すようなものだと言われますが、私は全く逆でして、原子力は神が人間に与えてくれたもので、これを使えるようにする事を人間に課したものである。
それが出来れば人類の発展は続くと考えています。人類はエネルギーが無ければ発展はしないので省エネも限度が有ります。子孫のためにも継続して
開発することであります。
そのために我々技術者が原子力の開発を進める義務があると思います。
今度の福島原発災害でやりにくくなったことは事実です。しかしだからと云って原子力から手を引く訳にはいきません
やっと政府がIAEAへ出した報告書が開示されました。(容量が大きいので添付できません)。

いこのg状況がよくわかる報告書でその広範囲な6つの切り口から28項目の教訓をかかげている。
そこで、この28項目について私なりに意見をxしていることにする。
学会の分析で下記の12項目になっている。

@地震の揺れA津波B全電源喪失C全冷却系喪失Dアクシしデントマネジメント(AM)E水素爆発
F使用済み燃料貯蔵プールG安全研究の推進い対する教訓H安全岸とアzン全設計I組織・危機管理Jj情報公開K]緊急時安全管理に対する教訓

国の28項目

第一のグループ(シビアアクシデントの防止に係わる教訓

@地震と震津波への対策強
A電源の確保
B原子炉及び格納容器の確実な冷却機能の確保
使用済み燃料プールの確実な冷却機能の確保
アクシデントマネジメント(AM)対策の徹底
複数炉立地における課題への対応
原子力発電施設の配置等の基本せ設計上の考慮
重要機器施設の水密性の確保

第二のグループ(シビアアクシデント対応策の強化)

水素爆発防止策の強化
格納容器ベントシステムの強化
事故対応環境の強化
事故時の放射線被曝の管理体制の強化
シビアアクシデント対応の訓練の強化
原子炉及び格納容器などの計装系の強化
緊急対応用資機材の集中管理とレスキュー部隊の整備

第3のグループ(原子力災害への対応の強化)
大規模な自然災害と原子力災害との複合事態への対応
 環境モニタリングの強化
中央と現地の関係機関等の役割の明確化
事故に関するコミュニケーションの強化
各国からの支援等への対応や国際社会への情報提供の強化
放射性物質放出の影響の的確な把握・予測
原子災害時の広域避難や放射線防護基準の明確化

第4のグループ(安全確保の基盤の強化)
安全規制行政体制の強化」
法体系や基準・指針類の整備・強化」
原子力安全や原子力防災に係わる人材の確保
安全系の独立性と多様性の確保
リスク管理における確率論的安全評価手法(PSA)の効果的利用

第5のグループ(安全文化の徹底)
安全文化の徹底
教訓見つけ出す切り口(Defens in Deppse}ハードとソフトの両面から@
@
事故を越」さないーー津波<

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福島原発の教訓 ついて [無茶庵のエネルギ((原子力ーと自然)環境学習塾」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる