[無茶庵のエネルギ((原子力ーと自然)環境学習塾」

アクセスカウンタ

zoom RSS 中越沖地震と原発の報道

<<   作成日時 : 2007/07/21 11:27   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

残念なことに、大地震が原発をも襲った。
設計時想定の加速度を超える地震であったが、原子炉は安全に停止した。
原子炉の安全に係わる設備の耐震設計は加速度だけでなく地震波を想定して、その波の応答加速度で設計しているので、今度のような長周期の地震には余裕があったものと考える。
安全の係わらない設備は被害を受けたようであるが、変圧器の火災にしろ、海水への放射能漏れにしろ、報道は今にも被害が及ぶといわんばかりに不安を煽りたてて、結局は観光などに風評被害を与えてしまった。前回の「故意の誤報」に近い話である。

国の原子力安全委員会もやっと、鎮静化のためにやっと見解を表明したが、遅いことといまだ自己保身的な見解であり、甚だ心もとない。
無茶庵が感じて関係者にメイルした一部を紹介する。

1.NHKの報道について
Mさんより
本日(7月20日)のNHKラジオ放送朝6:43からの十数分間のニュース展望での寺島実郎さんの話は地震以来、原子力発電所の地震問題についての散々な批評の中、初めて聞く良い放送でした。
始めは問題点指摘から始まりあれあれと感じていましたが、「私も原子力に関係していて、本当に大地震の時に原子炉の安全システムが間違いなく作動してくれるか何時も心配していましたが、それが間違いなく作動することを示してくれて、日本の技術の高いことを実証してくれた。反省する点は多いが、国民がエネルギー問題を考える一つの切っ掛けになった。云々」というものでした。
無茶庵の返事
残念ながら聞きそびれましたが、正にこのような前向きお発言が必要ですね。当事者の東電は別としても、原産協とかはもっと体を張って言うことを言ってもらいたいです。このまでは、ダイオキシンの時と同様に風評で被害がでる恐れがあります。外部に出た放射能などはその道の専門家がもっと正面に立って定量的、合理的に説明すべきです。(地震にかかわる最近の報道は故意の誤報とまでは言わなくても不安を煽る故意の報道です。)

2.現場の実態について
Kさんの報告抜粋
発電所は報道のとおりですが、17日になんとか車で出社してみると信じられない
光景でした。発電所の事務本館がほとんど(2階は全部)壊滅状態でした。2階
フロアはまるで戦争の後のようで、(戦争体験はありませんが)什器類はすべて転倒、天井も脱落、OA機器はすべて使い物にならない、もちろん、電気、水道も使えない状態です。
事務本館の耐震要求はありませんが、それでも世間の事務所に比べれば強固な構造であることは確かです。

発電所の重要施設、機器は機能しており、耐震要求のない、電源や消化配管等かなり破損
していますが、運転員のスクラムリカバリーで安全にシャットダウンできました。
よくぞがんばったというのが、当事者の言い分ですが、世間には理解を望むことは無理でしょう。
そして、報道のあり方、、これはどうしようもありません。
発電所の外側は被災者で、発電所内は加害者のごときです。

無茶庵の感想
K様の現地からの生々しい報告は現場を知るものとしては大変な感動と同情を覚えましたし、現場を知らない関係者には良い勉強になったものと思います。
それにしても、現場の人たちは良く対処したものと敬意を払いますとともに貴発電所の災害と被災された皆様に対して心よりお見舞い申し上げます。
これまで、各種災害が発生した時、このような報告が関係者から出て来ないのは不思議です。特に原子力においては、外から見えないまた難しい設備でありこの様な時こそ実態を伝えるチャンスであると考えます。
現場が混乱している最中に保身のために報告を求める人たちや、何も知らず原発は地震に弱い、放射能が怖いと言い立てて世の不安をあおる報道を聞くと日本の未来が暗くなります。
場合によっては逆に、それほどまでに原発は大変なものと捉えられるかもしれませんが、是非勇気を持って、この様な現場の実態を外部に出して説明して頂きたい思います。
勝手な想いを書きましたが、k様の報告に拍手を送り、今後のご健闘を祈念いたします。
                                           
3.友人へのメイル
この度の、中越沖地震による原発被害ですが、我々関係者の間では、よく安全に停止しあの程度の被害で済んだものと逆に原子力の安全性が実証されたものと捉えております。ただ、東京電力の体質で、危機管理に甘い(自衛消防体制が貧弱、事務本館などの危機管理の心臓部に耐震設計不十分、断層調査の不十分など)ことと
国民を安心させる説明を国任せであることなど反省すべきことが多いと思います。
何れにせよ、早期再開は無理でその間の電力コスト上昇分,CO2排出は国民負担にしわ寄せされると認識すべきです。そのためにも、原子力をよく知ってもらう必要があり、貴兄の「だから一層原子力を知ろう」と言うコメントは的をえたものと感心しています。
以上

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中越沖地震と原発の報道 [無茶庵のエネルギ((原子力ーと自然)環境学習塾」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる